ベンチャーキャピタリスト養成講座 ~DANベンチャーキャピタルの「登録ベンチャーキャピタリスト向け研修」をeラーニングで公開~

コンサルティングの新スタイル「特別セミナー」を実施!!

詳しくはこちら

ベンチャーキャピタリスト養成講座3つの特徴

特徴1eラーニングと実地演習の
ハイブリッド化

基礎講座は時間と場所を選ばないeラーニングで受講。通常ブラウザのみ、特別なアプリケーションは不要です。実地演習は投資候補先に訪問し社長ヒアリング等の現場を重視したもの。

各講座の所要時間はこちら

特徴2プロのVC達が活用する研修を体系化

当社が運営する独立ベンチャーキャピタリストのネットワークの中で、蓄積してきたノウハウや提供してきた能力向上研修を改めて体系化し、これからベンチャーキャピタリストを目指す方にも講できるようにした充実のカリキュラムです。

各講師のプロフィールはこちら

特徴3修了後のベンチャー
キャピタリストネットワーク

全科目修了後には、ベンチャーキャピタリストパートナーとして継続的な業務ネットワークに参画いただける制度を用意しています。
現在31名の方にご登録いただいています。

受講をご検討のみなさまへ

ベンチャー企業投資の専門家である「ベンチャーキャピタリスト」。暖かくも厳しくベンチャー企業を指導し成長に導く自立した専門家であるべきと、私は考えています。続きを読む
DANベンチャーキャピタルのキャピタリストは、全員がインディペンデントな専門家です。高い専門性とネットワークを活かし、企業の発掘・調査・事業評価・投資交渉・投資後のモニタリング等、ベンチャー企業投資を成功に導くために必要な専門業務を担っています。
今、日本に求められるのは、真のプロフェッショナルと呼べる専門家です。知識・技術・経験に裏打ちされた優れた能力をもち、高い意識で実践して成果を上げる。本講座の目的は、そのような真のプロフェッショナルとしてのベンチャーキャピタリストの養成にあります。小さくとも輝くベンチャー企業を世界的企業に飛躍させていく夢のある仕事。是非、本講座で学んだ知識と技術を活かして、ご一緒にベンチャーキャピタリストの道を極めて参りましょう。

カリキュラム

当社は、独立して活躍するベンチャーキャピタリストに向けた「登録ベンチャーキャピタリスト制度」の中で、能力向上とノウハウ共有を目的とした教育研修を実施してきました。その中で積み重ねた経験を改めて体系化し、これから新たにベンチャーキャピタリストを目指される方も対象とした、基礎講座・応用講座・実践講座、全72単位の講座へと再構築しました。

基礎講座応用講座実践講座

ベンチャーキャピタリストの仕事を行うに当たり、当然に知っていなければならないナレッジを各分野の専門家を講師に迎え、eラーニングで習得します。

講座内容 講師 肩書 時間(分) 単位
>ベンチャーキャピタル概論 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
90 2
>会社法の実務 小野 顕 スプリング法律事務所 
パートナー弁護士
135 3
>投資事業組合根拠法 小野 顕 スプリング法律事務所 
パートナー弁護士
45 1
>金融商品取引法の実務 小野 顕 スプリング法律事務所 
パートナー弁護士
90 2
>マーケティング戦略 方喰 正彰 (有)Imagination Creative 
代表取締役社長
90 2
>知的財産権戦略 河野 英仁 河野特許事務所 
弁理士
90 2
>財務戦略と資金管理実務 岩井 徹朗 ヒーズ株式会社 
代表取締役
90 2
>財務諸表論 舟生 俊博 さくらみらい国際会計事務所 
公認会計士
90 2
>予算管理実務 舩津 雅弘 リンクス監査法人 
代表社員/公認会計士
90 2
>事業計画作成実務 舟生 俊博 さくらみらい国際会計事務所 
公認会計士
90 2
>企業評価実務 紙野 愛健 青山アクセス税理士法人 
代表社員/公認会計士
90 2
>資本政策実務 高橋 聡 高橋聡公認会計士事務所 
公認会計士
90 2
>会計制度実務 高橋 聡 高橋聡公認会計士事務所 
公認会計士
90 2
>内部統制実務 紙野 愛健 青山アクセス税理士法人 
代表社員/公認会計士
90 2
>税務戦略実務 髙橋 克幸 明治通り税理士法人 
代表社員/公認会計士
90 2
>企業組織と人事制度 澤田 省悟 社会保険労務士法人SILCS 
代表社員/社会保険労務士
90 2
>労働法と労務管理 澤田 省悟 社会保険労務士法人SILCS 
代表社員/社会保険労務士
90 2
>株式上場制度と上場指導実務 星川 明子 ひので監査法人 
代表社員/公認会計士
90 2
>ディスクロージャー制度 鈴木 広樹 事業創造大学院大学 
准教授
90 2
>M&A・事業提携戦略 小野 顕 スプリング法律事務所 
パートナー弁護士
90 2
>投資事業組合管理実務 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
90 2
>投資EXIT戦略実務 杉田 庄司 日本アイルキャピタル 
代表取締役
90 2
(小計) 1,980分 44単位

応用講座基礎講座実践講座

事業デュー・ディリジェンス、事業価値算定、資本政策の策定等、ベンチャーキャピタリストの専門業務を例題に訓練します。eラーニングの講義で、添削課題の概要解説を視聴した上で、課題に取り組み、講師の添削を受けることでスキルを磨きます。

講座内容 講師 肩書 時間(分) 単位
デュー・ディリジェンス演習 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
150 3
投資交渉及び契約演習 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
150 3
投資先経営サポート演習 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
150 3
事業計画・資本政策策定演習 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
150 3
投資モニタリング演習 出縄 良人 DANベンチャーキャピタル(株) 
代表取締役/公認会計士
150 3
M&A・事業提携仲介演習 大原 達朗 アルテパートナーズ(株) 
代表取締役/公認会計士
150 3
(小計) 900分 18単位

実践講座基礎講座応用講座

実践講座は、当社の投資候補先に訪問して社長ヒアリングを行う等により、投資レポートを作成する実戦さながらの研修です。投資レポートは本講座の修了試験を兼ねています。

講座内容 時間(分) 単位
投資候補先における
経営者ヒアリングと投資レポートの作成
10

修了証の交付

基礎講座においては、各講座内容に確認テストが設けられています。7割以上の正答にて単位を取得いただくことができます。応用講座については添削する課題の状況で単位を取得いただきます。実践講座では、提出される投資レポートの評価によって単位を取得します。交付するベンチャーキャピタリスト養成講座修了証の種類と交付対象者は以下の通りです。

  • 基礎講座修了証・・・基礎講座38/44単位を取得し、講座を修了したと認められる者
  • 応用講座修了証・・・応用講座15/18単位を取得し、講座を修了したと認められる者
  • 全講座修了証・・・基礎講座38/44単位、応用講座15/18単位、実践講座10/10単位のすべてを取得し、講座を修了したと認められる者

講師紹介

  • 出縄 良人

    出縄 良人
    DANベンチャーキャピタル(株)
    代表取締役/公認会計士

  • 小野 顕

    小野 顕
    スプリング法律事務所
    パートナー弁護士

  • 河野 英仁

    河野 英仁
    河野特許事務所
    弁理士

  • 星川 明子

    星川 明子
    ひので監査法人
    代表社員/公認会計士

  • 舟生 俊博

    舟生 俊博
    さくらみらい国際会計事務所
    公認会計士

  • 紙野 愛健

    紙野 愛健
    青山アクセス税理士法人
    代表社員/公認会計士

  • 高橋 聡

    高橋 聡
    高橋聡公認会計士事務所
    公認会計士

  • 澤田 省悟

    澤田 省悟
    社会保険労務士法人SILCS
    代表社員/社会保険労務士

  • 髙橋 克幸

    髙橋 克幸
    明治通り税理士法人
    代表社員/公認会計士

  • 鈴木 広樹

    鈴木 広樹
    事業創造大学院大学
    准教授

  • 杉田 庄司

    杉田 庄司
    日本アイルキャピタル
    代表取締役

  • 舩津 雅弘

    舩津 雅弘
    リンクス監査法人
    代表社員/公認会計士

  • 方喰 正彰

    方喰 正彰
    (有)Imagination Creative
    代表取締役社長

  • 大原 達朗

    大原 達朗
    (社)日本M&Aアドバイザー協会
    代表理事

  • 岩井 徹朗

    岩井 徹朗
    ヒーズ株式会社
    代表取締役

出縄 良人
DANベンチャーキャピタル(株)
代表取締役/公認会計士
出縄 良人

1983年、慶應義塾大学経済学部を卒業。太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)にて、主に株式上場コンサルティング業務に従事。
1997年にディー・ブレイン証券(現:日本クラウド証券)を創業。同社の代表取締役として日本証券業協会のグリーンシート市場で141社の主幹事を務め、うち16社が証券取引所に上場。
2003年には上場引受主幹事業務に進出し、特に札証アンビシャス、福証Q-Boardで引受主幹事シェア6割。
この間、子会社のディー・ブレイン・キャピタルで日本初の公募型ベンチャーキャピタルファンドを組成。
ベンチャーキャピタリスト養成スクールを設置し630名の卒業生を輩出。
2010年にディー・ブレイン証券の代表を退任後、㈱出縄&カンパニーを設立し、「グローバル経営人倶楽部」を組織。
ドラッカー、コトラー、マイケル・ポーターの原文解説を行う勉強会と交流会を主催し、グローバルな成長意欲ある経営者をネットワーク。
2015年にDANベンチャーキャピタルを設立。
嘉悦大学経営経済学部の非常勤講師として、企業経営論、ベンチャー企業論、ビジネスプランなどを担当。

小野 顕
スプリング法律事務所
パートナー弁護士
小野 顕

1994年 早稲田大学法学部卒業
2003年 サンディエゴ大学ロースクール修士課程(比較法)修了
2004年 ニューヨーク大学ロースクール修士課程(取引規制法・知的財産権特集)修了
1998年 東京弁護士会登録
1998年 東京青山法律事務所(現ベーカー&マッケンジー法律事務所)参加
1999年 沖信・石原・清法律事務所(現スプリング法律事務所)参加
2006年 同パートナー弁護士(現任)
2012年 株式会社メガロス 社外監査役就任(2015年退任)
2015年 野村不動産ホールディングス株式会社 社外取締役(監査等委員)就任(現任)

河野 英仁
河野特許事務所
弁理士
河野 英仁

大学院修了(情報システム学専攻)後、河野特許事務所に入所。
2003年、アメリカの法律事務所にて1年間勤務し、ロースクールにてMIP(知的財産権修士)を取得。
2007年夏には北京の清華大学法学院に短期留学し、中国の知的財産権法を学ぶ。
国際感覚豊かな弁理士として活躍中。
著書に「中国特許法と実務」、「世界のソフトウエア特許(共著)」がある。

星川 明子
ひので監査法人
代表社員/公認会計士
星川 明子

1992年 青山学院大学経営学部を卒業。
監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所。国際部に所属。
1996年 公認会計士登録。
株式会社プレステージインターナショナル(現 東証一部 4290)に経営企画室長として入社。
IPO準備業務を経て2001年に株式上場。
2004年 同社管理担当取締役に就任。
その後、IPO準備会社3社のIPO支援に加え、自ら児童英会話教室を設立し、オリジナルの多読多聴メソッドを開発。
2009年 ひので監査法人にパートナーとして参画。

舟生 俊博
さくらみらい国際会計事務所
公認会計士
舟生 俊博

さくらみらい国際会計事務所代表 公認会計士・税理士
数字に強い会社を創り、日本の中小企業の底力を強化したい。アジアの成長を取り込み企業の成長を加速させたいという想いで、 中小企業・ベンチャー企業の経営支援を行っています。
特に理科系出身ということもあり、IT企業や製造業に多く関わり、創業のサポート、 後継者への事業承継等に多くの実績があります。また、1部上場企業の監査役経験も生かし、企業のさまざまな段階での経営サポートを行っています。

紙野 愛健
青山アクセス税理士法人
代表社員/公認会計士
紙野 愛健

<略歴>
1995年10月 中央監査法人入所
2007年7月 新日本監査法人入所
2008年7月 新日本有限責任監査法人パートナー就任
2011年7月 新日本有限責任監査法人パートナー退任後、紙野公認会計士事務所開業
2012年4月 青山アクセス税理士法人 代表社員就任
<専門分野>
・財務諸表監査
・合併・買収等に伴う対象企業の財務内容調査・企業価値算定・リスク要因調査
・国際会計基準(IFRS)導入支援業務、IPO準備支援業務
・財務報告に係る内部統制(JSOX)の構築・評価支援業務
・新公益法人制度に関する指導、助言業務(内閣府公益認定等委員会の指定相談員)
・法人及び個人の税務申告書作成業務
<著書>
「連結財務諸表作成の実務(中央経済社)」(共著)
「内部統制の構築・評価Q&A(中央経済社)」(共著)
「事業再生学(C&R研究所)」(共著)
<資格>
公認会計士・税理士

高橋 聡
高橋聡公認会計士事務所
公認会計士
高橋 聡

公認会計士、税理士、特定社会保険労務士、中小企業診断士。
1993年3月 東北大学法学部卒業(労働法専攻)
1993年4月 本田技研工業株式会社入社
1997年10月 太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入社
2001年7月 監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)入社
2003年9月 高橋聡公認会計士事務所開設。
創業支援、上場支援をメインにベンチャー企業に対し、税務・財務・会計・労務・企業法務等幅広い分野に渡る支援業務を展開
2015年4月より川崎市産業振興財団のマネージャーとして「かわさき起業家オーディション」審査員等の業務を兼務

澤田 省悟
社会保険労務士法人SILCS
代表社員/社会保険労務士
澤田 省悟

1992年 宇都宮市内の社会保険労務士事務所へ入所
1992年 行政書士試験合格
1996年 社会保険労務士試験合格
1998年 独立開業し、宇都宮市内に澤田社会保険労務士事務所を設立。所長に就任
1998年 資格の学校TAC社会保険労務士講座専任講師に就任(現在も従事)
2009年 特定社会保険労務士登録
2010年 社会保険労務士法人SILCSを設立し、代表社員に就任
「労使の良好な関係作り」をテーマに、労務管理の専門家として活動している。
就業規則や労使協定などの労働条件に関する内容の相談業務を得意とする。
セミナー活動も積極的に展開しており、企業向けセミナーのみならず、資格の学校TACの社労士講座の専任講師としても活動している。
著書:超速暗記社労士語呂合わせ(TAC出版)

髙橋 克幸
明治通り税理士法人
代表社員/公認会計士
髙橋 克幸

静岡県生まれ
早稲田大学商学部卒業
大手監査法人公開事業部出身
監査法人ハイビスカス代表社員(現任)
明治通り税理士法人代表社員(現任)
株式会社ゴリラコンサルティング取締役(現任)
株式会社サムライファクトリ―監査役(現任)

鈴木 広樹
事業創造大学院大学
准教授
鈴木 広樹

事業創造大学院大学准教授
早稲田大学政治経済学部卒。公認会計士試験・税理士試験ともに合格。
出版社にて法律書編集、証券会社にて企業審査に従事。宝印刷総合ディスクロージャー&IR研究所客員研究員も務める。
『タイムリー・ディスクロージャー(適時開示)の実務』(税務研究会)、『検証・裏口上場-不適当合併等の事例分析』(清文社)、『適時開示実務入門』(同文舘出版)など著書多数。

杉田 庄司
日本アイルキャピタル
代表取締役
杉田 庄司

大和証券(現大和証券グループ本社)入社(1981年)。
同グループにて、主に投資銀行業務、国際業務(スイス、米国、香港駐在含む)、及びベンチャーキャピタル(VC)業務に従事。
VC業務では、国際部長や香港現地法人社長として、中国本土、ベトナム、台湾地域等も担当した。日本VC協会企画部長、国立東京海洋大学非常勤講師、経済産業省NEDO技術委員を歴任。
現在、日本アイルキャピタル株式会社代表取締役社長(2015年就任)として、各種ファンド関連業務を手掛ける。
早稲田大学商学部卒業、国立北陸先端科学技術大学大学院MOT修士。

舩津 雅弘
リンクス監査法人
代表社員/公認会計士
舩津 雅弘

1987.9~1990.7 学校法人大原簿記学校 常勤講師
会計士科の講師として、会計士試験合格を目指す受験生のサポートに従事。
1989.10~1993.6 監査法人朝日新和会計社(現:有限責任あずさ監査法人)
主に会計監査業務、株式公開支援業務等の業務に従事。
1993.7~現在 舩津公認会計士事務所
税理士業務において、法人税、消費税、相続税等の各種税務相談および税務書類 の作成等を実施。
【主な業務】
事業計画作成・予実管理業務・主計業務・月次決算・資金繰・資金管理
各種申告書作成・契約管理・株式事務・取締役会・株主総会議事録作成
2003.6~現在 ラ・アトレ
社外取締役として、取締役会に出席し意見を述べるほか、業務全般について相談・ 助言等を実施。
2003.12~現在 リンクス有限責任監査法人
【主な業務】
上場会社監査、新規公開企業向け監査の他、
買収・合併・投資の際の短期調査(デュー・デリジェンス)・
事業価値評価・株価算定・退職給付債務計算・キャッシュフロー表作成・
財務分析・証券会社の開示審査業務等に従事。

方喰 正彰
(有)Imagination Creative
代表取締役社長
方喰 正彰

リサーチ力に定評のあるコンテンツ/ビジネスコンサルタント。
大手メディアから個人ブログ、書籍、雑誌、人まで、あらゆるソースから集めた情報をもとに、書籍やウェブコンテンツ、新規事業のプロデュースに従事。個人から大手企業までをクライアントに持ち、業種・業態にとらわれずに実績をあげている。
大学では国際経営論を専攻し卒業後、即独立。ビジネス経験と知名度の低さをカバーするために「リサーチ力」を磨き始め、どんな業界の情報でも貪欲に吸収し、幅広い知識と、斬新なアイデアにより、多くのクライアントを獲得。プランナー&プロデューサーとしてアイデアとイマジネーションで期待を越える価値を提供することを信念としている。

主な著書『ワンピースの言葉が教えてくれること』(あさ出版)、他3冊の著作(すべて単著)がある。

大原 達朗
(社)日本M&Aアドバイザー協会
代表理事
大原 達朗

【職歴】
1998年10月 青山監査法人プライスウオーターハウス入所
2004年1月 大原公認会計士事務所開設
2004年6月 株式会社さくらや 監査役
2006年1月 株式会社ライトワークス リスクコンサルティング部ディレクター
2007年4月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院講師(現任)
2008年4月 法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師(現任)
2008年4月 アルテ公認会計士共同事務所開設 代表パートナー
2008年6月 日本マニュファクチャリングサービス株式会社 監査役(現任)
2009年4月 アルテパートナーズ株式会社設立 代表取締役(現任)
2010年7月 アルテ監査法人設立代表社員(現任)
2010年8月 日本M&Aアドバイザー協会 理事
2014年10月 日本M&Aアドバイザー協会 代表理事(現任)
【所属団体】
日本公認会計士協会、一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)、日本税理士会、日本CFO協会
【資格】
公認会計士、税理士、 JMAA認定M&Aアドバイザー(CMA)

岩井 徹朗
ヒーズ株式会社
代表取締役
岩井 徹朗

早稲田大学卒業後、1986年、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)に入社。三つの支店で融資業務を経験した後、役員秘書を経て海外駐在員事務所の開設に従事。帰国後の2000年にインターネット専業銀行の設立準備会社(現・楽天銀行)に転職。総務部長として、資金調達から、規程の整備や人事制度の構築まで幅広い業務に携わり、1年後に無事銀行開業に導く。その後、2004年にGPS関連のベンチャー企業に転職。2億円の資金調達に成功して株式公開を目指していたが、大型プロジェクトの頓挫から資金繰りが急速に悪化し、経営者一人に依存する体制だと、業況が急転した場合には会社がもろくも崩れてしまうことを経験。キャッシュフロー経営をベースに、社員全員が自然体で本来の力を一番発揮できる社内体制を普及するべく、2006年7月にヒーズ株式会社を設立、会社の中でお金と人と仕事が無理なく回っていく会社作りに日々邁進している。

受講料

※すべて消費税別です

  • 全講座受講297,000円
  • 基礎講座のみ受講188,000円
  • 応用講座+実践講座受講98,000円

※基礎講座及び応用講座は講座内容別受講ができます

  • 基礎講座・・・1講座(2単位)あたり10,000円
  • 応用講座・・・1講座(3単位)あたり20,000円

受講までの流れ

1.お申し込み
このページにあります「お申込み」ボタンから、お申込みにアクセスし、必要事項をご入力の上、お申し込みください。
※ご不明点のある方は、「よくあるご質問」のページをご確認ください。また、「お問合せ」ボタンよりお問い合わせいただくこともできます。
2.ご案内
ご申込いただいた方には、控え用のメールが自動で送信されます。また、お申込み内容確認後、弊社事務局より受講料のお支払いに関するご案内メールを送信いたします。
※seminar@denawa.comのアドレスよりメールを送信いたします。
3.お支払い
ご案内メールをご確認の上、指定の銀行口座に受講料のお振込ください。
※お支払い方法は、銀行振込のみとさせていただいております。また、振込手数料は、受講者のご負担となりますので、ご了承ください。
4.ID通知
ご入金確認後、3営業日以内に受講のためのeラーニングにログインするためのID情報をメールでお送りいたします。
※キャンセルや受講延期等の方法につきましては、よくあるご質問や利用規約をご参照いただくか、「お問合せ」ボタンよりお問い合わせください。
5.受講開始
ご入金確認後、3営業日以内に受講のためのeラーニングにログインするためのID情報をメールでお送りいたします。
※キャンセルや受講延期等の方法につきましては、よくあるご質問や利用規約をご参照いただくか、「お問合せ」ボタンよりお問い合わせください。

受講希望者の声

  • IT系中小企業 経営企画室長 男性

    大きな企業ではないですが、これまで、新規事業の立ち上げや外部の先進的な企業とのアライアンス等を担当し、それなりの成果をあげてきました。勤め先の業績も上昇していますが、株式公開等は行わない方針の企業のため、より大きな成長の可能性を閉ざしているように感じています。外部のベンチャーキャピタルの人とも話す機会がありますが、自分も今までの経験を活かし、より財務的スキルも身に着け、ベンチャーキャピタリストとしての活躍の場を創っていきたいと考えているときに、この講座のことを知りました。カリキュラムが財務や法律面の内容が豊富なので、自分の足りていない部分を補いつつ、キャピタリストとして活躍されている方とのネットワークができれば、と思い、受講しようと思っています。

  • 元企業経営者 女性

    起業して、事業を行っておりましたが、訳あって会社ごと譲渡しました。そのとき、たくさんのベンチャー企業・中小企業と接する機会があり、成長する企業とそうでない企業での経営者の違いについては、実践的に経験してきたつもりです。この講座で学んだうえで、多くの経営者のよき相談相手となって、成長のお役に立つとともに、資金面でのサポートもしてあげられれば、と思っています。

  • 金融機関 営業マネージャー 男性

    たくさんの中小企業に営業としてのネットワークをもっています。いいビジョンをお持ちの経営者なのに、十分な支援ができなかったりともどかしさを感じています。私も独立し、より自由な立場で、しっかりと資金調達のサポートをしていきたいと思っています。本講座でベンチャーキャピタリストとしての基本を学び、独立開業に活かしていきたいと思っています。

  • サービス業 マーケティング部 女性

    年齢的にも30を過ぎ、仕事のやり方を変えていきたいと考えているところで、この講座のことを知りました。経営や成長支援・財務に関する幅広い知識を得ることができることに魅力を感じています。すぐに独立とかは考えていませんが、転職にも有利に働くと思い、少し値段は高いですが、eラーニングで自由な時間で学べることですし、受講にチャレンジしてみようと思っています。

  • 中小企業診断士 男性

    中小企業診断士の資格をもって、中小企業の経営支援やコンサルティングを行っていますが、資金調達となると補助金と融資のサポートとなってしまい、エクイティーでの調達の可能性も模索してあげられないかと考えています。マーケティングや事業計画等はこれまでもやってますが、法律面や資本政策・事業組合といったカリキュラムで新たなノウハウを得ることは、今後の私のコンサルティングも魅力ではないかと考え、受講を検討しています。

DANベンチャーキャピタルとは

DANベンチャーキャピタルのコンセプトは、「暖」ベンチャーキャピタル。代表者の出縄が25年間、ベンチャー企業のエクイティファイナンスにおいて標榜してきたのは「価値ある事業の成長支援のインフラ構築」。「価値」とは「社会に役立つ価値」を意味します。その価値に共感し、参加して、成長の果実を共有することこそ、エクイティファイナンスの醍醐味です。
「暖かい投資」を具現化したDANベンチャーキャピタルの特徴の一つがCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)をアウトソーシングするファンド(CVCF)です。金銭的なリターンのみを求めるのではなく、事業と事業との結びつきによって企業を育てるベンチャーキャピタルの新しい形といってもよいでしょう。世界的な大企業では、豊富な資金力と人的リソースをフル活用して、CVCによるベンチャー企業への投資を活発化させています。当社では、CVCによるベンチャー企業投資を一部の大企業から多くの企業に広げるべくCVCFを中心に、出資者の新規事業や関連事業投資のニーズに応えています。
DANベンチャーキャピタルの第二の特徴は独立ベンチャーキャピタリスト。現在30名の登録ベンチャーキャピタリストが、パートナーシップ契約によって自立して活動し、当社の専門性を支えています。
第三の特徴は、クラウドファンディングの活用です。米国では成長著しいクラウドファンディングとVC投資の連携が強まっています。我が国でも2015年5月施行の改正金融商品取引法を契機に今後、大きな成長が期待されるところです。当社では、株式投資型クラウドファンディング・プラットフォームの提案を含めて積極的な活用を図って参ります。

お知らせ

2017年4月18日
独立ベンチャーキャピタリストを目指す!無料セミナー6/2 開催決定!!参加申込を受付中。詳細は、コチラ!
2017年3月21日
独立ベンチャーキャピタリストを目指す!無料セミナー4/14 開催しました。
2017年1月17日
独立ベンチャーキャピタリストを目指す!無料セミナー2/17&3/17 開催しました。
2016年12月1日
独立ベンチャーキャピタリストを目指す!無料セミナー翌1/13 開催しました。